覚悟が必要

アンダーヘアのお手入れくらいしなよ…。

私がそれを言われたきっかけは、「彼氏ほしい~」と愚痴ったことにあります。

友だち曰く、

「仮に白馬の王子さまがいるして、普段のお手入れを怠っている女に寄ってくると思うか?」

ちぃ、正論言えばいいと思ってよー、いや私だって反論しましたよ?毅然とね!

「アンダーヘアなんか外から見えんわ!それに、白馬の王子さまなんかいねーよ!」

友だちは痛いところを突かれたみたいで、私の意見に同意してくれました。王子さまのくだりに関しては。

アンダーヘアに関しては、
「確かに普段見せることはないが、見えない部分のケアすれば、他の部分も気を使うんだよ」
と言われました。

いやまあね?
確かに、見えないからいいか→そんなに見えないからいいか→どうせみられないからいいか、と
「ま、いいか三段活用」で進化するのはわかる。

でもねえ、友だちの言うアンダーヘアのお手入れ方法って熱カッターなんです。

確かにカミソリなんかで適当に処理すると、チクチク痛いし気になる。

だから「ま、いいか」になっちゃうんだけど、熱カッターは何か怖い。

商品として売り出してるから安全性はきちんとしてるだろうし、友だちも「全然大丈夫だし平気」て言うんだけど、超小心者の私には覚悟がいるヨ!

ここで友だちがひと言「”覚悟”は他で使え」…ええい、うっさい!