本当に効くの

自分が初めて睡眠薬に手を出したのは中学2年の頃でした。両親からのストレスや友達関係、生徒会執行部でのストレス、当時住んでいたアパートでの心霊現象。これらが重なり眠れなくなり、市販の物ですが睡眠薬に手を出しました。半信半疑での購入、とても勇気が要りました。効けば良いなという反面、恐さもありました。その夜、錠剤だったので水と一緒に服用。飲んで20分余りでフラフラするような感覚に陥りました。眠気とは別で、自分は横になっているのに気持ちが悪い感じがしました。その感覚が数分続いたあとは気付けば眠りに堕ちていました。記憶がなかったのと上記の症状のことを考えたら、眠れたという事実はありますが恐怖のほうが上回ってしまいました。その1回だけで服用は止めました。これが、睡眠薬をやめたいと思い、それからは他の方法を使って眠れるようにしました。睡眠薬についての思い出や体験談なので、他の方法については書きません。以上です。

睡眠薬、名前からしても良い薬だとは思えません。確かに効果はあるようですが、自分みたいにフラフラするなどの症状が表れる人も居るかもしれません。体質や薬に慣れた体、市販なのか処方箋なのか、これらでも変わってくると思います。安易に手を出していい物ではないと改めて実感しました。どこでも購入出来、安価で購入出来、誰でも購入出来てしまいます。自分のような気持ちで手を出し、同じ症状では無くても何らかの恐い思いをした人は少なからず居ると思います。記載されている使用方法なんか当てになりません。世の中、睡眠薬を使う人の割合が高いわけではないです。ですが、睡眠薬を使う人にももう少し目を向けてほしいです。自分のような人が増えないように、インターネット上でのレビューなども増やしてほしいです。以上です。