憧れ

私は、生まれつきの一重で二重に憧れを抱いていました。切れ長の目。やはり、少しきつい印象になるのかなと気にしていました。中学生の時通販で見つけた、ナイトアイボーテを見つけ両親に買ってほしいとせがみました。よくよく話し合い、結局は買いませんでした。一重でも十分可愛いことや、一重で素敵な友人の例を挙げて話してくれて、それ以来そこまで二重になりたいと願うこともなくなりました。今思っても、買わなくて良かったと思っています。今は、手軽に100均でも売られていて、興味本位で買って使ってみたことがあります。結果は、あまりよろしくなく。苦笑い違和感もあるし、明らかに作ってますという目になりおかしかったです。自分の自然の二重なら見てみたいですが。笑い

やはり、一重は二重に憧れるんです!これは、まぎれもない事実です。いくら、理由を並べても、結局のところやはり二重になりたいのは確かです。ですが、あまりにも不自然なので自分に理由だてて、その思いを隠しています。笑ナイトアイボーテなら、自然の二重になるらしく使ってみたいですね。でも今のところは、無料当選や格安で売られていない限りは、そこまでして二重にならなくてもいいかなと思うところです。やはり、結局のそのまた結局は、やはりこのような展開でいまの現状で満足する、満足させようとする保守派な自分なのでした。ただ、自分のこの目元も何十年付き合ってきて嫌いじゃないですけどね、むしろ好きですし愛着があります。やはり、重い一重さんにとっては二重は憧れなんです。笑